百貨店人気お中元2017 | 贈って喜ばれるお中元人気商品ランキング

お中元のビジネスマナー

お中元はビジネスマナーの一つと考えている人が多いようです。
しかし、同じ会社内でのお中元は虚礼と考えているところが多くなったため、お中元やお歳暮の廃止を決めている会社が増えてきています。
したがって、ビジネスにおけるお中元は営業活動の一環と考えるべきでしょう。
お客様への贈り物ですから、相手に対する細かい配慮が必要になります。
公務員の場合はお中元を受け取ることは禁止されています。
お世話になっているからと言って、間違っても学校の先生にお中元を贈ってはいけません。

会社ではお中元を受け取る立場の人もいますし、贈る立場の人もいるでしょう。

お中元を受け取る場合のマナー。

会社宛てにお中元を受け取った場合には、まずは上司に報告しておきます。
中身によっては社内で分けるとよいでしょう。
お菓子であれば、お茶の時間に披露するのです。
大事なことはお礼の電話をすることですね。
それがマナーと言うものです。

また、会社によってはお中元を受け取らないようにしている場合もあります。
その時には断りの文章と一緒に品物を送り返すこととなります。
文章は相手の気持ちを考えて、書くことが大切です。
また、返送に先立って、相手に断りの電話をしておくことも忘れないようにしましょう。
お中元一つで会社同士の付き合い方が変わるとは思いませんが、マナーを知らない人だと評価されないようにしたいものです。

お礼状の書き方

お中元の品物だけを贈るのではなく、そこに感謝の気持ちを表す文章を添えることですね。
ビジネス文書として、一般的な書き方があります。
それをアレンジしましょう。
また、お中元を断るための文書もあります。

最近ではお中元の品物は業者から直接相手に贈ることが多くなりました。
そのために送り状を別に郵便で送るのですが、当然ながら、送り状は品物よりも先に届いておかなければなりません。
また、品物と一緒に贈ることも一般的ですね。

受け取ったその日にお礼の電話をかけておきましょう。
仕事だけではなく社会生活の中では礼儀やマナーが必要です。
相手に対して自分の気持ちを文章にしたり、声に出して伝えることが重要なのです。